​沿革

昭和23年6月  岐阜市司町4番地に「岐阜県家畜商業協同組合」設立

昭和24年12月 組合組織名称変更「岐阜県家畜商協同組合」

昭和30年9月  岐阜市六条に家畜市場建設(仮設)

昭和30年10月 「岐阜県家畜商連合家畜市場」と命名、市場開設

昭和32年1月  市場施設整備

昭和33年7月  市場名称変更「岐阜県中央家畜市場」

昭和36年4月  市場用地取得(取引の拡大や大型車両の増加に対応)

昭和37年2月  仔豚定期市場開設

昭和38年12月 市場再編整備(県内の近隣市場の統合<地全協>

昭和49年4月  組合事務所移転(岐阜市司町4番地の岐阜県岐阜総合庁舎内)

昭和54年12月 自動電子せり等導入

昭和55年4月  組合事務所移転(岐阜市下奈良の岐阜県福祉・農業会館内)

昭和58年3月  組合事務所移転(現在の岐阜市六条)

昭和59年6月  管理人室建て替え(木造平屋)

平成3年~4年 顧客シャワー室の設置、セリ場等の遮熱対策(スプリンクラー)

平成13年3月  新市場竣工(家畜市場機能高度化緊急対策事業<事業団>)

平成18年1月  新セリシステム導入(ID連係システム対応)

平成21年3月  仔豚定期市場休止

平成24年1月  家畜セリシステム一式導入

平成26年10月 預託事業の開始(組合自己資金、農畜産業振興機構事業)

​平成29年7月  管理人室の解体・撤去

​岐阜県中央家畜市場(岐阜県家畜商協同組合)

Copyright © 2018 岐阜県家畜商協同組合 All Right Reserved.